投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


1984年梅雨時の記憶

 投稿者:聰経理廣川  投稿日:2018年11月15日(木)23時03分27秒
返信・引用
  仕事を終えてから 国立へ 階段を上がりマーススタジオに毎晩行った。
そこで オレは初めてレコーディングの場に潜り込んでいた。
佐山さんが 独りブースでシンセで音を作っているのを観た覚えがある。
豊田勇造アルバム「センシミーナ」は 最後の「11時の鐘」まで
佐山さんのピアノ、キーボードで彩られている。
どの国に居ても あのピーポー ピーポーだけは 聴き間違いします。
ゆっくりと お休みください。




 

佐山君を想いながら・・

 投稿者:勇造  投稿日:2018年11月15日(木)17時27分30秒
返信・引用 編集済
  九州10日間ツアーから戻り、京都で少し休んでいたら佐山雅弘くんの訃報。
昨夜はきっと佐山君が好きだっとはず思い、
マイルス・デイビスのアルバム「ミッド・ナイト・ブルー」を聴きながら、佐山君を偲んでいました。

そう、アルバム「センシミーナ」のレコーデイングではほぼ全曲で、ピアノ・キーボードを弾いてくれた。
スタジオでは1曲、1曲、ていねいに曲にぴったりの感情と技を出してくれた。
たとえば「イン・ニューヨーク・シテイ」では、
ニューヨークの空にジェット機が突っ込んでくるのが目に見えるような音を。

「センシミーナ」発売記念ライブでは、東京、名古屋、京都(で2か所)、大阪を一緒にツアーした。
大阪のすぐあと東京の「アルマジロ・ライブ」には飛び入りで来てくれた。

去年佐世保で、佐山君のライブのポスターを見て元気なんだなあ・・、と思っていたのに、実は闘病中だったとは。
こんなことならもう一度、一緒にやっておいてもらえば良かった。
佐山君を想いながら、11月のライブでは「センシミーナ」を歌います。

今夜聴くアルバムは、やっぱり「センシミーナ」・・・。

 

センシミーナ

 投稿者:ファイティング'80  投稿日:2018年11月14日(水)21時46分55秒
返信・引用
  佐山雅弘さんご逝去。享年64才。
いつだったかの七夕コンサート
佐山さんのピアノと勇造さんのギターを思い出す。

 めちゃめちゃや めちゃめちゃや
 ジョンレノン撃ち殺されたで
 めちゃめちゃや めちゃめちゃや
 ヨーコの前で撃ち殺されたで
 他人事と違う イン ニューヨーク シティ

今夜はたっぷりセンシミーナを聴かせてもらいます。
 

良かった・・。

 投稿者:勇造  投稿日:2018年10月24日(水)22時08分18秒
返信・引用 編集済
  関東3日間ツアーから戻り、今日は2週間振りにヨガ教室へ。
気になっていた右肩の疲れがほぐれ、帰りにお灸もしてもらうと、すっきり。
ちなみにヨガの先生は鍼灸師でもあって、古くからの友人。

そして今日は満月。空で煌々と輝く月を見ながら、
安田純平さんが解放されたことにほっとして。本当によかった・・。

 

明日から関東3か所

 投稿者:勇造  投稿日:2018年10月18日(木)21時24分42秒
返信・引用 編集済
  ふるさん、失礼しました。放送の詳細が分からなかったので・・。
でもふるさん、なかなかのヒットでしたね。

さて明日から関東3か所ツアーです。
まずは谷保の「かけこみ亭」、ぼけまるくんの所で。館野公一くんがゲスト。
さっき広一君から電話があって「楽しみにしてる」とのことです。
土曜日は2年ぶりの「高崎・滝の里農場」で「生」ライブ、
そして日曜日は阿佐ヶ谷「あるぽらん」。
五十嵐正史とソウルブラザーズとのセッションも楽しみ!

「西日本豪雨災害前夜の赤坂自民亭」、「ギターの話だよ」を関東で初めて歌いますぞ。
先月亡くなったタイのモンコンの名曲「ピンの歌」も,もちろん。
ぜひお出で下され!
 

Re: ありがと フルさん

 投稿者:ふるメール  投稿日:2018年10月18日(木)04時39分19秒
返信・引用
  > No.486[元記事へ]

> まだ 天国に行くには 早すぎる。
>
了解しました。
勇造さんのライブに行きます。
 

ありがと フルさん

 投稿者:聰経理廣川  投稿日:2018年10月16日(火)22時46分2秒
返信・引用
  まだ 天国に行くには 早すぎる。
 

ホックモンク~で飛び起きました

 投稿者:フル  投稿日:2018年10月16日(火)05時08分51秒
返信・引用
  点けっ放しだったテレビから、ホックモンク~と聴き慣れた声で目が覚めたら、やっぱり勇造さん。
あまりの事に飛び起きました。
だからコレですよ。
https://youtu.be/-cXnsgi0OFs
もう、教えておいてくださいよ~
夢の中から天国に迷い込んだかと思いました…
 

2日間京都でライブ

 投稿者:勇造  投稿日:2018年10月12日(金)21時22分25秒
返信・引用 編集済
  四国ツアーから帰って、ちょっとほっこり。
久しぶりにヨガ教室にも行き、肩をほぐすためにぐりぐり回したら、あかんとゆりちゃん先生に教えてもらいました。
ゆっくり伸ばして、ふーっと緩めるんやそうです。ヨガは奥深い。

きのうはバンドのみんなとスタジオで4時間練習。
そして明日は拾得で久しぶりに勇造バンドとのライブ!
明日は 亡くなったモンコンを偲びながら、モンコンの歌やタイとの繋がりで出来た歌(珍しい歌も)をたくさん歌います。悲しく、でも楽しく!
新曲の「ギターの話だよ」、「西日本豪雨災害前夜の赤坂自民亭」は」バンドでやります。
なかなか迫力もんですよ。

そして翌14日の日曜日は大督くん宇治文化センター大ホールでのコンサートにゲスト出演します。
大督くんはお父さんの影響で俺のことを知っていた、なかなか良い歌をうたう、感じの良い青年です。
宇治の近くの人はぜひお出で下され!
 

盛岡ライブ

 投稿者:たちばな@いわてメール  投稿日:2018年 9月29日(土)21時02分57秒
返信・引用
  あいにくの肌寒い天気の日のライブとなりました。
今回の盛岡ライブは主催者なしのライブだったようです。

勇造さんの出だしは「ヤンゴンの町に今日も雨が降る」
一輪の花は何処へ行ったのか、水たまりの向こうへ行ってしまったのか。私の問と重なる。
2曲目が「ホックモンクルー」明日から毎日ニンニクを食うことを決意する。(何のこっちゃ)
3曲目「ある朝高野の~」などなど

「金色の海」を聴いてたら陸前高田で津波で田んぼをやられたじいさんが、自力で田んぼを作りそのコメで酒を作ったのを思い出す。
酒の名前は多賀多https://suisenshuzo.jp/blog/suisen/post_17.html

釜石の磯田さん、ピースケさん、さすらいのやなぎさん、地元のミュージシャンなどが加わって、こじんまりとしてましたが楽しい一夜だった。
ピースケさんが叩いていたのがカホンなる珍しい楽器。
http://furusato.fmii.co.jp/iwaizumi/%E6%B0%97%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8Bbox%EF%BD%9E%E5%B2%A9%E6%B3%89%E7%94%BA%E3%81%AE%E3%82%AB%E3%83%9B%E3%83%B3%E8%81%B7%E4%BA%BA%EF%BD%9E/

始まる前に勇造さんに「たちばなさん、何が聞きたい」と言われたので、つい「走れアルマジロ」答えてしまった。一晩中「なぜアルマジロが走らなければならないのか」と菅野と喋くりあったのを思い出しただけだったが。良識ある皆さんは絶対しないでしょうが(爆
むかし感動したのが「大文字」泣いたのが「行方不知」だったなあ。
翌日帰りの車の中で口ずさんだのが「八竜町の少年たち」(友川かずき)

来年もどこか出会えることを。
 

/49