<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


チャイオー・クン・土田会長 その2

 投稿者:勇造  投稿日:2021年 4月 9日(金)22時58分2秒
返信・引用 編集済
  明今子さん書き込みありがとう!
今日土田君に電話したら、「勇造さんの最後の原稿、
ちょうど紙1枚(裏表)に収まったんですよ」と元気な声で話してました。
勇造通信終了ということで、電話がかかっていたり、メールが来たり、荷物が届いたりとのこと。
「電話の向こうで泣き出した人もいた」そう。
改めて、沢山の人が通信を愛読してくれてたことに感謝です!

ひさしぶりの、岡山・鹿野・福山3日間のツアー、ほんとに楽しかったです。
3日目はなんと高速道路で事故渋滞があって3時間遅れて会場入り。
こんなこと初めてだった。走る車の中で弦を変えたのも、歌う前にビールを飲まなかったのも。
ゲストの人たちが間を持たせてくれ、お客さんは待っててくれて、
こんな時のライブは「のる」もの。気持ちいっぱい、弾いて、歌いました。

さてあさっては久しぶりに「拾得」でバンドで。
新曲も歌いますぞ!もちろん「フリー・アウンサン・スーチー」も心込めて!
 

4月11日拾得ライブです

 投稿者:勇造オフィス  投稿日:2021年 4月 9日(金)20時36分16秒
返信・引用 編集済
  まん延防止等重点措置の適用直前ですが・・あさって4月11日(日)に京都・拾得で勇造&Yuzo Bandライブです。
お店の閉店は9時。落ち着いて、気を付けながら楽しみましょう。
対策を取りつつ、
NO MUSIC, NO LIFE!
マスクの着用をお願いします。マスクなしでの大声での会話、ハグ・握手・集合写真などはコロナが収まるまで取っておきましょう。
☆4月11日(日)2021.04.11 Sunday
京都市 拾得
5:30pm 開場 6:30pm 開演
TEL 075-841-1691
京都市上京区大宮丸太町一筋上る
with YUZO BAND(仲豊夫Vo.G、山田晴三B、永見潤Dr)
¥3000(要オーダー)
できるだけメール予約をお勧めします。40人定員です。
 

チャイオー・クン・土田会長

 投稿者:明今子メール  投稿日:2021年 4月 7日(水)21時33分33秒
返信・引用
  土田会長、ありがとうございました。vol 150 これが最後の勇造通信?実感はありませんが、もう届かないと思うと、とても寂しいです。
35年間、年4回の発行と送付って・・凄すぎる!

気持ちがくたびれている時に、郵便受けに届いた秋田からの勇造通信でどれだけ癒されたか。
最後になるのか・・シリーズ・ポム・チョーップの勇造さんの今回の記事を読んで、土田会長について知らないことが一杯あると思った。
勇造ファンを大切にしてくれた土田会長。ありがとうございました!

 

久しぶりのツアーです!

 投稿者:勇造  投稿日:2021年 4月 1日(木)16時57分45秒
返信・引用 編集済
  4月になりました。京都は桜が満開、所によっては散り始めています。

明日から久しぶりにツアーに出ます。岡山市、鹿野市(鳥取県)、福山市の3か所。
4月から6月までは、この20年間の毎年のようなツアーの予定が組めたけれどさてどうなるか。
でも明日からの3日間は行けます。

今日は今からその為の練習と3日間の大まかな曲決め。
明日の岡山禁酒会館では、新曲「決断したら自由になれる」を初披露します。
去年の禁酒会館ライブで、主催の岡崎ツトムさんが、
歌の合間に言ったひと言がきっかけになってできた歌。それも今から練習します。
もちろんミャンマー組曲3曲、「ヤンゴンの町に雨が降る」、「マンダレーの若者」、「フリー・アウンサンスー・チー」も。

十分気をつけながら、久しぶりのツアーです!

 

勇造フリーライブ4回目!

 投稿者:勇造オフィスメール  投稿日:2021年 3月20日(土)10時08分30秒
返信・引用
  お待たせしました。
豊田勇造フリーライブ!「夢を見て旅に住む」第4回を公開します。今回でこのシリーズはおしまいです。
週末ゆっくりお楽しみください。シェア歓迎です。
クリックしてください↓
4回目
https://www.youtube.com/watch?v=WIbWQGA1dI0&t=0s

今週は日曜日に奈良のバンダメリリーで初めてのライブです。
ご来場お待ちしています!
★3月21日(日)20121.03.21 Sunday
奈良市 バンダメリリー
開場 6:30pm  開演 7:00pm
TEL 0742-35-2818
奈良市大宮町2-5-27 ジョイパレス1F
予約3000円 当日3500円 (ドリンク別)
ゲスト やなぎ O.A  ショウボウ(鴨川コンバース)
ミャンマーの国軍による民衆へのテロが続き、ほんとうにひどい状態が続いています。
一日も早い終息と平和と民主主義の回復を!

1~4回目のアドレスです。
「夢を見て旅に住む」
豊田勇造フリー ライブ!
1回目公開アドレス→ https://youtu.be/XWRgCsyxgXg?
2回目公開アドレス→ https://youtu.be/UJoVk87u0WA?
3回目公開アドレス→ https://youtu.be/3d_1z778pyg?
4回目公開アドレス→ https://youtu.be/WIbWQGA1dI0

http://www.toyodayuzo.net/

 

Rights groups call on Total to suspend payments in Myanmar o

 投稿者:樋口徹メール  投稿日:2021年 3月16日(火)22時45分7秒
返信・引用
  ****************************
Rights groups call on Total to suspend payments in Myanmar operations
****************************
PARIS (Reuters) - Total faced calls from rights groups on Tuesday to suspend payments on operations in Myanmar following a coup, after the oil group said it was worried about the situation while also highlighting the importance of its business there.

FILE PHOTO: The logo of French oil and gas company Total is seen in Rueil-Malmaison, near Paris, France, March 2, 2021. REUTERS/Benoit Tessier
The French company, which has been in Myanmar since 1992, operates at the Yadana and Sein offshore fields, which supply Myanmar’s domestic market via a pipeline built by national company Myanmar Oil and Gas Enterprise (MOGE).

“Total is worried about the situation and hopes for a peaceful solution,” Total said in a statement on Twitter on Monday, responding to a news article about its involvement in Myanmar.

“Total condemns violations of fundamental rights wherever they take place and will be aligned with any decisions on sanctions. As a reminder, Yadana supplies half of the electricity in Yangon.”

The military ousted the elected government of veteran democracy champion Aung San Suu Kyi on Feb. 1, detaining her and cracking down on protests that followed. More than 180 people have been killed.

The U.N. human rights investigator has called for coordinated international sanctions on MOGE, the country’s state energy firm.

Companies such as France’s Total and U.S.-based Chevron have worked for decades with MOGE, which, according to the U.N. investigator “is now controlled by the military junta and represents the single largest source of revenue to the state”.

Total’s statement sparked a response from Justice for Myanmar, an activist group, which said Total “should match words with action by suspending all payments to the illegal military junta”.

Other social media users also responded, including some in Myanmar who said they would prefer electricity to be cut off.

Australia’s Woodside Petroleum said last month it was cutting its presence in Myanmar amid concern over the violence by security forces against protesters demonstrating against the coup.

https://www.reuters.com/article/idUSKBN2B81AU
 

事態はますます悪化している

 投稿者:樋口徹メール  投稿日:2021年 3月15日(月)12時30分10秒
返信・引用
  事態はますます悪化しています。国際世論をさらに強めなければいけないと思います。(h)
***************************
ミャンマー、デモ参加者ら38人が死亡 ヤンゴンの一部に戒厳令
***************************
2021/3/15 11:30 BBCNewsJapan
----------------------------
protesters face security forces in Hlaing Tharyar, 14 March
Reuters
ヤンゴン・ラインタヤ地区では治安部隊がデモ参加者らに向けて実弾を発砲した(14日)
-----------------------------
クーデターで権力を握った国軍への抗議デモが続くミャンマーで14日、デモ参加者ら38人以上が死亡した。先月1日に抗議行動が始まって以降で、最も死者が多い日となった。軍は最大都市ヤンゴンの一部に戒厳令を出した。

ヤンゴンの一部地域ではこの日、治安部隊が発砲。軍トラックが通りを行き交った。デモ参加者らは棒やナイフを手に抗議し、砂袋やタイヤ、鉄条網でバリケードを築いた。

同市ではこの日だけで、少なくとも21人が死亡したとされる。北部の都市パカンや、ヤンゴンの北のバゴなどでも、治安部隊の発砲によって死傷者が出たと報じられている。

ミャンマーの人権団体、政治犯支援協会(AAPP)は、同日の国内の死者は38人以上だとしている。抗議デモ開始以降では120人以上が死亡したという。

People clash with security forces as they continue to protest against the military coup and detention of elected government members in Hlaing Tharyar, Yangon
Getty Images

医療関係者らは、ヤンゴンのラインタヤ地区における死者数はさらに増えそうだと述べた。銃撃によるけが人は数十人に上っているという。

ある医療関係者は「治療中、目の前で3人が死んだ。別の2人を病院に搬送するところだ。いま言えるのはそれだけだ」とAFP通信に話した。
-------------------
中国系工場など襲撃
-------------------
ヤンゴン市のラインタヤ地区と、隣接するシェエピタ地区では、中国系の商業施設が襲撃されたのを受け、国軍が戒厳令を出した。背景には、デモ参加者らが中国について、国軍を支援しているとみていることがある。

中国政府は、鉄の棒やおの、ガソリンなどで武装した人々が、中国人が経営する商業施設10カ所に火をつけたとし、保護を求めた。多くは衣料品工場や倉庫で、中国系のホテル1カ所も襲われたという。

Burning Chinese-owned factories light up the industrial neighbourhood in Hlaing Tharyar, on the outskirts of Yangon, Myanmar, 15 March 2021
EPA

ヤンゴン・ラインタヤ地区の工業地帯で火災が発生した
現地の中国大使館はフェイスブックに、「工場は略奪、破壊され、多くの中国人スタッフがけがを負い閉じ込められている」と投稿。ミャンマー政府に対し、暴力行使を鎮め、法を犯した人を処罰するとともに、中国の企業や国民の安全と財産を守るよう求めた。

国軍系のミャワディメディアは、デモ参加者らが通りを封鎖しているため、消防隊が火災現場に到達できていないと伝えた。
--------------
「容赦しない」
--------------
当局者の1人は、警察が重火器の使用を検討しているとソーシャルメディアTikTokに投稿した。

また、「ラインタヤに関しては容赦しない。向こうにはあらゆるタイプの人がいるので、真剣に反撃してくるだろう」としたが、この投稿は後に削除された。

国営テレビは、バゴ地区で警官1人が死亡し、3人が負傷したと報じた。デモ参加者らによる投石が原因だとしている。

night time protest in Hledan junction Yangon 14 March
Reuters
--------------------
国民に結束を呼びかけ
--------------------
国軍によるクーデターでは、政権与党だった国民民主連盟(NLD)の指導者アウンサンスーチー氏など、同党幹部らを拘束。NLDが大勝した昨秋の総選挙で大規模な不正があったことを、政権転覆の理由にしている。

拘束を逃れたNLD国会議員らの一部は、クーデターは不当として身を隠すとともに、新組織の連邦議会代表委員会(CRPH)を設立。リーダーに選出されたマンウィンカインタン氏は、フェイスブックの投稿で現在の動きを「革命」と呼び、軍の弾圧から身を守るようデモ参加者らに呼びかけた。

「今この国は最悪の時期にあるが、夜明けは近い」、「民衆蜂起は勝利しなくてはならない」。

マンウィンカインタン氏はまた、「これまでの違いは脇に置き、独裁を永久に終わらせるため、一致団結しなくてはならない」と訴えた。

国軍はCRPHを違法組織とし、協力者は反逆罪に問われると警告している。

(英語記事 Dozens dead after bloody day in Myanmar )

https://www.bbc.com/japanese/56397711
 

デモ隊に銃撃、3人死亡 ミャンマーで弾圧続く

 投稿者:樋口徹メール  投稿日:2021年 3月14日(日)12時48分14秒
返信・引用 編集済
  ****************************
デモ隊に銃撃、3人死亡 ミャンマーで弾圧続く
****************************
2021年3月13日 21:33  AFPBBNews
#SaveMyanmar #ResoluteSupportForGeneralStrikes  #SupportforCDMMyanmar #HearTheVoiceOfMyanmar  #TheJapaneseGovernmentShouldImplementEconomicSanction
#日本政府も経済制裁を行え #進出企業は国軍と手を切り民主化されるまでミャンマーから撤退を

ミャンマー国軍のクーデターに抗議するデモ隊への発砲で負傷し、手当てを受けるデモ参加者ら(2021年3月13日撮影)。(c)STR / AFP
【3月13日 AFP】ミャンマーの最大都市ヤンゴンで13日、国軍のクーデターに抗議するデモ隊を治安部隊が銃撃し、3人が死亡した。ミャンマーではデモ隊への当局の実力行使が続いており、人権団体によるとこれまでに70人以上が死亡している。

 ヤンゴンのタケタ(Thaketa)郡区では、拘束された仲間の解放を求めた住民らが警察署に抗議に出向いたが、警察が発砲。現地メディアなどによると、アウン・サン・スー・チー(Aung San Suu Kyi)国家顧問率いる国民民主連盟(NLD)の支持者2人が死亡した。

 フライン(Hlaing)郡区では当局の取り締まりに抗議する住民らに当局が発砲し、18歳の男性が頭部を撃たれ死亡した。

 また、ヤンゴンでは11日に死亡したデモ参加者のチット・ミン・トゥー(Chit Min Thu)さんの葬儀が執り行われ、遺体が火葬場に運ばれる間、参列者らは軍事政権への抵抗のシンボルとなっている3本指を掲げるポーズを取った。

 チット・ミン・トゥーさんの妻は「革命は勝たなければならない」と泣きながら話し、参列者らからは「安らかな眠りを」との声が上がった。(c)AFP

https://www.afpbb.com/articles/-/3336580?cx_part=top_category&cx_position=1

https://www.afpbb.com/articles/-/3336580?cx_part=top_category&cx_position=1

 

勇造フリーライブ3回目 観ました。

 投稿者:総経理廣川  投稿日:2021年 3月13日(土)11時20分54秒
返信・引用
  1回目、2回目も良かった。
今回は 世界中や私的に 未だ収束しないアレやコレやソレやらに想いを重ねてしまった。
遅く起きた 今朝も観ながら カキコしています。
さて 次回は いよいよ ハミングバードですね!
 

勇造フリーライブ3回目公開しました。

 投稿者:勇造オフィスメール  投稿日:2021年 3月12日(金)21時14分58秒
返信・引用 編集済
  勇造フリーライブ第3回目、本日公開します。
下のYouTubeのアドレスをクリックすると無料で視聴できます。
今週のミニライブの最後の曲はまだ聞いたことのない方も多いかもしれません。
去年の終わりごろに作った「レター・トゥー・ミー」を聴いて下さい。
今回は27分ぐらいです。
では、週末ゆっくりお楽しみください!

https://www.youtube.com/watch?v=3d_1z778pyg
 

忘れないこと

 投稿者:さくらメール  投稿日:2021年 3月12日(金)16時57分35秒
返信・引用
  何度も流れる震災当時の映像に
改めて「あの日」のすざましさを感じて身震いしています。

10年になりましたね。
私も、東北のみなさんの笑顔が浮かびます。
辛かっただろうに、なぜか浮かぶのは笑顔ばかりです。
思い返せば10年、勇造さんにはいろいろお手数をおかけました。
心待ちにしているファンのみなさんとの
静かで熱い交流でしたね。
今更ながらですが、ありがとうございました。

東北のみなさん!
忘れへんし、ぼちぼちやってくださいね。
プロジェクトは終わっても、応援してます。

今の思いを少し書きました。
ご支援いただいたみなさんには、大変感謝しています。
ありがとうございました。

https://yamasaku.exblog.jp/29442221/

 

10年目の3月11日

 投稿者:勇造  投稿日:2021年 3月11日(木)15時25分37秒
返信・引用 編集済
  10年前の3月11日はタイのバンコクのアパートのテレビで、
釜石の沿岸高架道路を津波が超えていくのを見ながら、
そのすぐそばでサーフ・ショップをやっている草山君の無事を祈っていた。
彼はたまたまネパールの旅からの帰り、東京にいたので無事だったけれど。

今朝そんなことを思い出しながら、ギターを弾いていたらつい即興のブルーズに、そしていくつもの顔が浮かんできた・・。

それから枚方市「であい共生舎」の津田さんと電話で話し、
今年も5月15日(日)に「第11回東日本復興支援ライブ」をすることが決まった。
実はこれからが大変な人たちがいるはずだから。
 

4月23日東京琉球館ライブ

 投稿者:勇造オフィスメール  投稿日:2021年 3月 8日(月)22時01分25秒
返信・引用
  勇造HPのスケジュールを以下のように訂正いたしました。
次の日のイーサン食堂のデータが混じってしまっていたようです。
失礼しました。
人数制限がありますので、お早めにご予約下さい。

4月23日(金)2021.04.23 Friday
東京駒込 東京琉球館
6:30pm 開場 7:00pm 開演
TEL 03-5974-1333
豊島区駒込2-17-8
山手線駒込駅東口を左へすぐ左折そば屋とパン屋の間を直進。
突き当りを右へ2分半。
南北線駒込4番出口から右へ坂を下って3分。
予約3300円 当日3800円 1ドリンク付
ゲスト:ふかざわゆたか(Vo.G)
<オキナワ・オンマイ・マインドVol.13>
 

【お問い合わせ】4月23日(金)2021.04.23 Friday 京駒込 東京琉球館

 投稿者:ふるメール  投稿日:2021年 3月 7日(日)00時37分48秒
返信・引用
  音楽事務所様
ライブスケジュールから下記コピーして貼り付けましたが電話番号から後の情報が間違っていると思われます。
お手数ですが再確認の上、修正をお願い致します。

4月23日(金)2021.04.23 Friday
東京駒込 東京琉球館
6:30pm 開場 7:00pm 開演
TEL 046-277-7658           ← ここからデス。
神奈川県大和市 小田急線「南林間」駅前すぐ
3300円 1ドリンク付
ゲスト:ふかざわゆたか(Vo.G)
15名限定 要予約
<オキナワ・オン・マイマインドVol 13>
 

東京外語大生が外務省に署名提出 ミャンマーのデモ弾圧停止求め

 投稿者:樋口徹メール  投稿日:2021年 3月 6日(土)12時17分59秒
返信・引用
  3/6午前で40,600筆以上の署名が集まっているようです。
***************************
東京外語大生が外務省に署名提出 ミャンマーのデモ弾圧停止求め
***************************
#SaveMyanmar #ResoluteSupportForGeneralStrikes  #SupportforCDMMyanmar #HearTheVoiceOfMyanmar  #TheJapaneseGovernmentShouldImplementEconomicSanction #日本政府も経済制裁を行え #進出企業は国軍と手を切り民主化されるまでミャンマーから撤退を
?ミャンマー情勢を巡り、東京外国語大でビルマ語を学ぶ学生有志6人が4日、外務省を訪れ、デモ参加者への弾圧の停止などを求める約3万8000筆の署名を外務省の担当者に手渡した。代表者の男子学生(20)は、対応した山田欣幸・南東アジア第1課長に対し「日本はNLD(国民民主連盟)と国軍の両方にパイプを持つとされるが、現状では国軍に明確な姿勢を示していないように思える」と述べ、外交ルートを通じた積極的な取り組みを要請した。
?署名活動は2月21日からインターネットを通じて行い、日本人のミャンマー研究者やビジネス関係者らの協力を得て賛同を呼びかけたという。「大好きなミャンマーのために何かできればと考えて活動を始めた」と説明した学生に対し、山田氏は「多くの犠牲者が出ていることに悲しみを感じている。早い段階で状況を好転させられるよう努力したい」と応じた。
?男子学生によると、賛同者からは「暴力的な弾圧は許されない」や「ミャンマーの民主主義が守られるよう日本政府は行動すべきだ」といったコメントが寄せられたという。日本国内では、拘束されているアウンサンスーチー氏の解放などを求める在日ミャンマー人らによる署名活動も各地で行われている。【青木純】
https://mainichi.jp/articles/20210304/k00/00m/030/125000c
***************************
ミャンマーの人々を軍事クーデターから守るため、署名に参加してください!~外務省と賛同いただける国会議員の方々に提出します~
***************************
** ご賛同後に表示される寄付ボタンはChange.org宛の広告費です。私たちの活動を広めるためにChange.orgを通じて使われます。私たちへの金銭としては一切入りません。また、寄付なしでも問題なくご賛同いただけます。**
私たちは、東京外国語大学でビルマ語を学ぶ学生有志です。<下記、2021/2/21立ち上げ時現在>
2021年2月1日、ミャンマーで国軍による軍事クーデターが発生しました。民主化運動の指導者であったアウンサンスーチー国家顧問やウィンミン大統領をはじめとする多数の与党NLD関係者らが拘束されるとともに、国軍総司令官が全権を掌握したと声明を出しました。その理由は、NLDが大勝した2020年の総選挙に「不正」があったとするためです。(実際には日本を含む海外の選挙監視団も「おおむね公平な選挙」と認めています。)
半世紀にわたる軍事独裁時代を経て、2011年以降、民主化に向けて改革が進められたミャンマー。そんなミャンマーを再び暗黒の時代に引き戻す出来事に、人々は深い悲しみと憤りを覚えています。軍事独裁下での暮らしはとても厳しいものでした。いつ逮捕されるのか、家族が行方不明になり暴力を受けるのか分からない、厳しい監視と言論統制に怯えるような毎日だったと聞いています。諸外国による経済制裁により人々の生活も苦しく、国際社会からは孤立しました。
現地では今まさに、市民による抗議活動が全国規模で行われています。当局(国軍・警察)によるデモ参加者への取り締まりが強化され、武力行使も始まりました。それでも人々は非暴力を守り、声をあげ続けています。ミャンマーと繋がりを持つ者として、現地の人々の希望や平和を奪う行為は、断じて容認することができません。友人やお世話になった方々が、将来に不安を抱いて過ごしているのを見るのは胸が痛みます。彼らの必死に立ち続ける姿を見て、私たちも声をあげることに決めました。
いただいた署名は外務省と賛同いただける国会議員の方々に提出し、日本政府に適切な対応を要求する目的にのみ使用します。日本はNLD政権と国軍の両方にパイプを持つ、国際社会の中でも特別な存在です。日本政府に働きかけることは、私たちがミャンマーのためにできる有効な手段だと信じています。また、署名を通じて日本からの関心を伝えること自体がミャンマーの人々にとって大きな支えになります。
今この瞬間にも、ミャンマーの状況は悪くなっています。アウンサンスーチー国家顧問らは未だ釈放されず、国軍側による市民の逮捕者は数百人に上りました。街には装甲車が走り市民への暴力がふるわれています。2月19日には初の死者として、実弾で頭を撃たれた20歳の少女の命が奪われました。翌20日にも、新たに2名の死亡が確認されました。その他にも武力的弾圧によって負傷した方々の情報が多く出ています。これ以上、死者や傷つく人々を増やしたくありません。
皆さま、どうかミャンマーの人々の心身の安全と和平のために、ご協力をお願いいたします!以下の要請を行います。
※なお、今回の提出先はあくまで日本政府です。ミャンマー政府へ署名・個人情報が渡ることはありません。
https://www.change.org/p/ミャンマーの人々を軍事クーデターから守るため-署名に参加してください-外務省と賛同いただける国会議員の方々に提出します/u/28656934?cs_tk=Avznha9CrZMhACEGRmAAAXicyyvNyQEABF8BvLpngFIRB2SkxaLYlxU56z4%3D&utm_campaign=f7d4df9df0fb435a880705b644788b5f&utm_content=initial_v0_4_0&utm_medium=email&utm_source=petition_update&utm_term=cs

https://mainichi.jp/articles/20210304/k00/00m/030/125000c

 

Re: フリーライブ第2回目アップしました。

 投稿者:樋口徹メール  投稿日:2021年 3月 5日(金)23時07分56秒
返信・引用
  > No.1003[元記事へ]

2回目のライブ動画も素晴らしいです。
「嵐山にて」「泰ちゃん」「マンダレーの若者」「桜吹雪」…お気に入りの曲ばかりで…。

いま「マンダレーの若者」はどうしているだろうか?…とても心配です。
次の様な記事を見つけたので…
****************************
ミャンマーで子供500人拘束か 5人死亡、催涙ガス被害も―ユニセフ
****************************
【ニューヨーク時事】
?国連児童基金(ユニセフ)は4日、ミャンマー国軍による抗議デモの弾圧が続くミャンマーで、推計500人以上の子供が恣意(しい)的に拘束されていると発表した。多くが外部との連絡を絶たれている。ユニセフはこうした拘束や子供に対する実弾の使用を「最も強い言葉で非難する」と表明した。

?ユニセフによると、3日時点で少なくとも子供5人が死亡したという報告があった。また、多くの子供が催涙ガスや音響閃光(せんこう)弾の被害にさらされている。家族が閃光弾などの標的になる例もあり、ユニセフは「深刻な精神的苦痛のリスクがある」と警告した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021030500324&g=int
**************************
ユニセフは、ミャンマーで進行中の危機の際に治安部隊による子どもの殺害と恣意的拘禁を非難する
**************************
?伝えられるところによると、先月の抗議行動以来、少なくとも5人の子供が殺され、4人が重傷を負い、500人が恣意的に拘留された

?バンコク、2021年3月4日?ミャンマーの危機が深刻化するにつれ、治安部隊によって殺されたり、負傷したり、恣意的に拘留されたりする子供たちの数は増え続けています。 3月3日の時点で、少なくとも5人の子供と複数の若者と大人が殺害されたと伝えられている。少なくとも4人の子供が重傷を負っています。

?殺されたり重傷を負ったりした子供たちに加えて、多くの子供たちが催涙ガスやスタングレネードによる危害にさらされており、場合によっては親や家族に向けられた恐ろしい暴力シーンを目撃しており、深刻な心理社会的苦痛の危険にさらされています。

?子供を含む抗議者の恣意的逮捕と拘留は引き続き発生している。ユニセフのパートナーは、500人以上の子供たちが恣意的に拘留されていると推定しています。逮捕または拘留された人々の多くは、人権を侵害して、弁護士に相談することなく、連絡を取り合っていない状態に置かれています。

?ユニセフは、実弾の使用や子どもの恣意的拘禁など、子どもに対する武力の行使を可能な限り強く非難し、治安部隊に対し、暴力を直ちに差し控え、子どもや若者を危害から遠ざけるよう呼びかけています。

?ユニセフは、すべての関係者に対し、児童の権利条約(CRC)の核となる原則の1つである、子どもの最善の利益を第一の考慮事項として支持するよう呼びかけています。ユニセフは、CRCに定められているすべての子どもの権利を守る義務と、2019年に制定されたミャンマーの子どもの権利法をすべての関係者に思い出させます。

?私たちの考えは、犠牲者の家族と現在の危機の影響を受けたすべての子供たちに向けられています。

#####

編集者へのメモ

常に子供や若者は安全を感じる必要があります。ユニセフはパートナーと協力して、さまざまな地域の言語で運営されているカウンセリングヘルプラインや治安部隊によって恣意的に拘束されている子供たちへの法律扶助サービスを通じて、子供たち、親、介護者、子供たちへのサービスプロバイダーに心理社会的サポートを提供しています。
**************************
UNICEF condemns killings and arbitrary detentions of children by security forces during ongoing crisis in Myanmar
At least five children reportedly killed, four severely wounded and 500 arbitrarily detained since protests began last month
**************************
BANGKOK, 4 March 2021 ? As the crisis in Myanmar escalates, the number of children killed, wounded or arbitrarily detained by security forces continues to grow. As of 3  March, at least five children and multiple young people and adults have reportedly been killed; at least four children have been severely wounded.

In addition to those killed or seriously wounded, many children are being exposed to harm from tear gas and stun grenades, and are witnessing horrific scenes of violence, in some cases directed against parents or family members, putting them at risk of severe psychosocial distress.

Arbitrary arrests and detentions of protestors, including children, are continuing to occur. UNICEF’s partners estimate that more than 500 children have been arbitrarily detained. Many of those arrested or detained are being held incommunicado, without access to legal counsel, in violation of their human rights.

UNICEF condemns in the strongest possible terms the use of force against children, including the use of live ammunition, and the arbitrary detention of children, and calls on security forces to immediately refrain from violence and to keep children and young people out of harm’s way.

UNICEF calls on all actors to uphold the best interests of the child, one of the core principles of the Convention on the Rights of the Child (CRC), as a primary consideration. UNICEF reminds all actors of the obligation to uphold all children’s rights as enshrined in the CRC, and the Myanmar Child Rights Law enacted in 2019.

Our thoughts go to the families of the victims and to all children impacted by the current crisis.

#####

Notes to Editors

At all times, children and young people should feel safe. Together with its partners, UNICEF is providing psychosocial support to children, parents, caregivers, and service providers to children through a counselling helpline, that operates in different local languages, and legal aid services for children arbitrarily detained by security forces.

https://www.unicef.org/press-releases/unicef-condemns-killings-and-arbitrary-detentions-children-security-forces-during

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021030500324&g=int

 

フリーライブ第2回目アップしました。

 投稿者:勇造オフィスメール  投稿日:2021年 3月 5日(金)17時21分54秒
返信・引用
  勇造ライブ!
「夢を見て旅に住む」第2回目をYouTubeにて公開しました。
お楽しみください。
1年ぶりのYUZO BAND 5人そろっての演奏です。

第2回目→ https://www.youtube.com/watch?v=UJoVk87u0WA
 

惨殺された平和的な抗議者達

 投稿者:樋口徹メール  投稿日:2021年 3月 4日(木)22時38分52秒
返信・引用 編集済
  惨殺された平和的な抗議者達
****************************
★必ずAAPP政治囚支援協会(ビルマ)の3/3付ブリーフィングを全文を読んで、拡散して下さい。
★そして日本政府に経済制裁を実行するよう要求して下さい。
****************************
国連や欧米各国がミャンマー国軍の蛮行に対して厳く批判し、経済制裁に踏み切っている中で、日本政府は実質的には国軍との「友好関係」を保っており、これまで国軍系企業と持ちつ持たれつの関係を維持してきた日本企業も同様です。キリン(ミャンマービール市場の9割を支配)は、表向きは国軍系企業との「提携を解除した」としながらも、「ミャンマーに留まって事業は継続する」としています。
https://aappb.org/?p=13376

#SaveMyanmar #ResoluteSupportForGeneralStrikes  #SupportforCDMMyanmar
#HearTheVoiceOfMyanmar  #TheJapaneseGovernmentShouldImplementEconomicSanction
#日本政府も経済制裁を行え #進出企業は国軍と手を切り民主化されるまでミャンマーから撤退を
2021年3月3日
******************
軍事クーデターに関連する毎日のブリーフィング
****************************
2021年3月3日更新 AAPP(政治囚支援協会)

政治囚支援協会(AAPP)は、民主主義と人権のために戦うために命と自由を犠牲にした英雄に敬意を表しています。

●3月3日の時点で、2月1日の軍事クーデターに関連して合計(1498)人が逮捕、起訴、または有罪判決を受けました。そのうち(4)は有罪判決を受けました。 (2)2年の懲役、(1)3か月の懲役、(1)7日の懲役。 (61)は令状で起訴され、逮捕を回避している、(306)は釈放された。合計(1192)はまだ拘留されているか、(4)の判決を含め、未解決の容疑/回避逮捕があります。これまでに、暴力的で恣意的な取り締まりにより、(50)人以上が殺害されました。

●今日の被拘禁者リストでは、(183)人の名前を受け取って記録しました。しかし、ヤンゴンだけでも、取り締まり中に400人以上の抗議者が逮捕され、カイッカサンスタジアムに拘留され、全国で合計800人が拘留された。今後も調査を継続し、適切な発表を行います。

●軍事フンタが昼夜を問わず平和的な抗議者に対するテロを後援したにもかかわらず、人々は国中の軍事クーデターに対する平和的な抗議を続けています。軍事フンタ政権の残忍な取り締まりは、3月1日以降の平和的な抗議に対して増加している。

●今日、クーデター政権は、ヤンゴン、マンダレー、ピンウールウィン、ミンジャン、モンユワ、モーラミャイン、ロイカウ、イェイ、ミッチーナー、ハパカント、ピエ、パテイン、タウンツインギ、シュウェボー、ミャンアウン、サリンタウンシップで平和的な抗議者を激しく攻撃しました。取り締まりの間、人々はスタングレネード、発煙弾、催涙ガス、ゴム弾、そして実弾に遭遇しました。特にヤンゴン、マンダレー、ミンジャン、モンユワ、モーラミャイン、ピンウールウィン、パカントでは実弾が発射されました。

●これらの取り締まりの結果、ミンジャンタウンシップで20歳の少年が射殺され、18人が負傷し、19歳の少女が頭を射殺され、39歳の男性が射殺された。マンダレーで胸部で射殺され、他に8人が重傷を負い、女性2人と17歳の少年1人を含む6人が頭、胸、背中で射殺され、モニワタウンシップで少なくとも10人が負傷した。サリンタウンシップでは、若者が射殺され、少なくとも8人が負傷した。 Pyin Oo Lwin Townshipで2人が射殺され、数人が負傷した。北オッカラパ郡区で約7人の20歳の若者が射殺され、20人が重傷を負った。あるビデオでは、軍事政権が1人を先導し、頭の後ろを撃ち、拘束され、武装していない。別の男性がHlaingThar Yar Townshipで重傷を負い、1人がTamwe Townshipで負傷し、3人がInsein Townshipで負傷し、10人がヤンゴンのTharkaytaTownshipで負傷した。 1人がパテインで負傷した。 Hpakant Townshipでは、少なくとも3人の若い抗議者が負傷し、2人が危機的な状態にある。 Mawlamyine Townshipで、1人が射殺され、もう1人が重傷を負った。負傷者の数は現在の数よりはるかに多い可能性があり、約100人と推定されています。

●今日の北オッカラパ郡区では、いわゆる警察と軍の兵士が道路の向こう側のタイヤに火をつけ、MonMyatSeikHtar EderlyCareチャリティー車両からの4人のボランティアが頭に銃で激しく殴打されました。そのうちの1人は重傷のために亡くなりました。

●軍隊といわゆる警察は平和的な抗議者の敵を作り、彼らの銃を恐怖に陥れ、人々の顔、胸、頭、背中、腹部に向けています。武装した職員は、意図的な方法で平和的な抗議の群衆に向けてランダムなショットを向けました。彼らは死体を引きずり、負傷者を強制的に拘束し、医療を怠り、人々を激しく殴打して逮捕し、理由もなく人民の家にランダムに銃撃し、公共の財産を略奪し、略奪した。軍事フンタ政権は、平和的な抗議者と一般市民に対してこれらの行為を毎日行っています。今日では、公共エリアは戦場と殺害フィールドに変わります。

●多くの証拠は、警察と軍隊がテロリストとして行動していることを明確に示しています。彼らは人間の尊厳や人間性を尊重せず、残忍さだけを尊重しています。それらは、国内または国際的な法律や道徳に準拠していません。彼らはすべての基準に違反しており、軍事フンタのクーデターテロリストは彼らが犯したすべての犯罪に対して責任を問われなければなりません。ビルマの人々が犠牲者であり続けるまで、juntas違反に対して強力で効果的な行動をとらなければなりません。

●昨夜のタウンドウィンジーの町で、マグウェ地方の16歳のティーハ・ゾー(別名ナウンナウン)が、軍が若者に実弾を撃ったために殺害されました。一部の若者は負傷して逮捕され、彼らのバイクは押収されました。

●AAPPは、クーデターに関連して確認された毎日の逮捕、起訴、判決を引き続き通知し、更新します。
--------------------------------------------------------------
3 March 2021 Daily Briefing in Relation to the Military Coup
Updated 3 March 2021

The Assistance Association for Political Prisoners (AAPP) pays respect to the heroes who sacrificed their lives and liberty to fight for democracy and human rights.

As of March 3, a total of (1498) people have been arrested, charged or sentenced in relation to the military coup on February 1. Of them, (4) were convicted; (2) to two years imprisonment, (1) to three months and (1) to seven days. (61) have been charged with a warrant and are evading arrest, (306) were released. A total of (1192) are still under detention or have outstanding charges/evading arrest, including the (4) sentenced. Up until now, more than (50) people have been killed due to the violent and arbitrary crackdowns.

In today’s detainee list, we received and documented the names of (183) people. However, in Yangon alone, over 400 protestors were arrested during the crackdown and were detained in Kyaikkasan Stadium, in total 800 people detained across the country. We will continue to investigate these and make appropriate announcements when.

Despite the junta sponsored terrorism against peaceful protestors in the day and night, the people continue with their peaceful protests against the military coup across the country. The junta regime’s  brutal crackdown has increased against peaceful protests since 1 March.

Today, the coup regime violently assaulted peaceful protestors in Yangon, Mandalay, Pyin Oo Lwin, Myingyan, Monywa, Mawlamyine, Loikaw, Yay, Myitkyina, Hpakant, Pyay, Pathein, Taung Twin Gyi, Shwebo, Myan Aung and Salin Township. During the crackdown, people were met with stun grenades, smoke bombs, tear-gas, rubber bullets, and live ammunition. In particular in Yangon, Mandalay, Myingyan, Monywa, Mawlamyine, Pyin Oo Lwin, and Hpakant where live ammunition was fired.

Per the consequences of these crackdowns, a 20-year-old boy was shot dead in the head and 18 others were injured in Myingyan Township, a 19-year-old girl was shot dead in the head and a 39-year-old man was shot dead in the chest, 8 others were seriously injured in Mandalay, 6 people including 2 women and one 17-year-old boy were shot dead in the head, chest and back and at least 10 others were injured in Monywa Township, another youth was shot dead and at least 8 others were injured in Salin Township. Two people were shot dead and some people were injured in Pyin Oo Lwin Township. Around seven 20-year-old youths were shot dead and 20 others seriously injured in North Okkalapa Township, in one video, junta forces were captured leading one away and shooting in the back of his head, detained and unarmed. Another man was seriously injured in Hlaing Thar Yar Township, one was injured in Tamwe Township, three were injured in Insein Township, 10 were injured in Tharkayta Township, Yangon. 1 was injured in Pathein. At least three young protesters were injured and two are in critical condition in Hpakant Township. One person was shot dead and another one was injured in critical condition in Mawlamyine Township. The number of injured persons is likely much higher than currently accounted, it is estimated to be around 100.

In North Okkalapa Township today, so-called police and military soldiers set fire to tires across the road and four volunteers from the MonMyatSeikHtar Ederly Care Charity vehicle were viciously beaten with guns to the heads. Among them, one of them passed away due to serious injuries.

The military and so-called police are making an enemy of the peaceful protestors, terrorising and directing their guns towards peoples face, chest, head, back and abdomen. The armed personnel directed random shots towards the crowd of peaceful protests in an intentional manner. They dragged dead bodies and forcibly detained injured people, neglecting any medical care, violently beating and arresting people, shooting randomly into people’s houses with no reason, looting and arsoning public property. The junta regime commits these acts every day against peaceful protestors and the general public. Nowadays, the public areas turn into battle fields as well as killing fields.

Much evidence clearly shows that police and military act as terrorists, they have no respect for human dignity or humanity, only brutality. They do not comply with domestic or international laws and morals. They violate every standard, the junta coup terrorist must be held  accountable for every crime they commit.  Strong and effective action against the juntas violations must be taken as soon as possible, until then Burma’s people will continue to be victims.

In Taungdwingyi township last evening, Magway Region, Ko Thiha Zaw (a.k.a Naung Naung), a 16-year-old, was killed because the military shot live ammunition at the youths. Some youths were injured and arrested and their motorbikes seized.

AAPP will continue to keep you informed of verified daily arrests, charges and sentences in relation to coup, and update o

https://aappb.org/?p=13376

https://aappb.org/?p=13376

 

ミャンマー、3日の死者38人 国連特使が発表

 投稿者:樋口徹メール  投稿日:2021年 3月 4日(木)08時52分49秒
返信・引用
  ★クーデター開始後の死者は50人を超え、さらに多数が負傷した
****************************
ミャンマー、3日の死者38人 国連特使が発表
****************************
2021年3月4日 4:07
https://www.afpbb.com/articles/-/3334753?pid=23128330
#SaveMyanmar #ResoluteSupportForGeneralStrikes  #SupportforCDMMyanmar
#HearTheVoiceOfMyanmar  #TheJapaneseGovernmentShouldImplementEconomicSanction
#日本政府も経済制裁を行え #進出企業は国軍と手を切れ
-----------------------------
ミャンマー・マンダレーで行われた軍事クーデターに抗議するデモで、警察による催涙ガスの使用を受けて身構える参加者ら(2021年3月3日撮影)。(c)STR / AFP
-----------------------------
【3月4日 AFP】(更新)国連(UN)のクリスティーヌ・シュラネル・ブルゲナー(Christine Schraner Burgener)事務総長特使(ミャンマー担当)は、軍事クーデターへの抗議デモが続くミャンマーで3日、38人が死亡したと発表した。

 ブルゲナー特使は記者会見で、同日は先月のクーデター発生後で「最も大きな流血の事態が起きた日」となったと指摘。「クーデター開始後の死者は50人を超え、さらに多数が負傷した」と述べたが、死者の内訳などの詳細は明らかにしなかった。

 ミャンマーでは同日、治安当局がデモ隊に発砲。AFPの集計によると、全国で少なくとも17人の犠牲者が出た。うち7人は中部モンユワ(Monywa)、6人はヤンゴン(Yangon)で死亡した。(c)AFP

https://www.afpbb.com/articles/-/3334753?pid=23128599

 

デモ隊に実弾発砲、6人死亡 ミャンマー抗議デモ

 投稿者:樋口徹メール  投稿日:2021年 2月28日(日)21時13分47秒
返信・引用
  【2月28日 AFP】(更新)ミャンマー国軍のクーデターに対する抗議デモは28日も各地で続き、地元メディアなどによると、治安部隊による発砲でデモ参加者ら少なくとも6人が死亡した。国軍は殺傷力の高い武器の使用を強化して、デモの鎮圧に当たっている。

 地元メディア「ダウェー・ウオッチ(Dawei Watch)」やボランティアの医療関係者によると、南部ダウェー(Dawei)で治安部隊がデモ隊を排除した際に、男性3人が死亡し、少なくとも20人が負傷した。

 救急隊員はAFPに対し、死亡した3人は「実弾で撃たれて死亡」し、負傷者らはゴム弾で撃たれたと述べ、「負傷者が次々と運ばれているため、死者は増える恐れがある」と話した。

 また、最大都市ヤンゴンから北に車で2時間ほどのバゴー(Bago)では、10代の若者2人が銃撃により死亡。

 ヤンゴンでも、デモを予定していた少数の集団を当局が追い払おうとし、市東部で23歳の若者が撃たれ死亡した。

 治安部隊はここ数週間、ゴム弾や催涙ガス、放水砲に加え、実弾も使用してデモの取り締まりを強化している。

 人権監視団体「ビルマ政治囚支援協会(AAPP)」によると、クーデターの発生以降、850人以上が拘束や訴追、あるいは有罪判決を受けた。ただし、今週末に行われたデモの取り締まりでこの数は急増するとみられており、国営紙によれば、27日だけで479人が拘束されている。

 クーデター以降、28日までに少なくとも5人が死亡しており、うち4人はデモで負傷し、その後亡くなった。また国軍によると、抗議デモの鎮圧に当たった警官1人が死亡した。(c)AFP
 

/51