投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


今年の徳島ライブはフリーコンサートで

 投稿者:悠々  投稿日:2019年 8月19日(月)16時27分14秒
返信・引用
  掲示板に書こうと思っていたら、勇造さんに先を越されました。
ご無沙汰しております。
今年の徳島の勇造ライブは、70歳記念フリーコンサートとしました。
本当は、投げ銭(入場無料だけど退場には金が要るよと言うオチ)にしようかなと思ったのですが、うちの嫁がそのシステムは徳島の人間にはムリ、みみっちいことするなと言われて、それなら京都のライブに続いてフリーにしようと言う事になりました。狭いスペース(椅子に座って40人ぐらいまで)ですが、一度酸欠になるぐらいのライブになれたらいいなと思います。
よろしくお願いします。
 

徳島フリーコンサート

 投稿者:勇造  投稿日:2019年 8月18日(日)02時42分7秒
返信・引用 編集済
  マンマさん、そんなCDの聴き方もあったんですね。
何かの記念日にはそうしてみようかな、と思いました。

さてバンコク・ライブも無事終わり、今さっきアパートに帰って来ました。
タイと出会って35年、なんと人生の半分をタイと日本を行ったり来たり。
今日のライブのゲストのキタンチャリー一家とも、35年の付き合いになりました。

徳島の高橋さんから連絡あって、今年の11月3日の「ひろこ漢方内科クリニック内 はっぴぃ夢ホール」ライブは、70歳記念で「フリーコンサート」とのこと。「嬉しい!」のひと言です。この機会に徳島ライブ、みんなどうですか。診察室がライブハウスに変身。楽しいですぞ!


 

大文字

 投稿者:榊マンマ  投稿日:2019年 8月16日(金)23時55分29秒
返信・引用 編集済
  今はもうすっかり残り火も消えて、
京都の街は、如意ケ嶽の空高く満月が輝いています。

午後8時の大文字の点火とともに、1973年西部講堂での緊迫感あふれる「大文字」から始まって、
『さあ、もういっぺん』『ホールドオン』『振り返るには早すぎる』と時を追って聴いて、
最後の60歳の円山の「大文字」は豊かな実りを感じる温かな声でした……!
あっ!『この海の向こうに』を聴くの、忘れてました(笑)
 

今日は大文字の日

 投稿者:勇造  投稿日:2019年 8月16日(金)10時58分20秒
返信・引用 編集済
  バンコクに来て10日経ちました。
日中は33度くらい、今年は雨の少ないタイの雨季です。

今日もタイらしい出来事が。
いつも昼飯を食べるガールスカウトの食堂(ここはタイでは珍しく味の素を使いません)から外を見ていると、バス停でもないのに市バスが停車。
中から運転手が降りてきて食堂の中へ。何かと思えば借りトイレ。その後車掌も同じく借りトイレ。
この間10分ほど乗客はなんともない様子で待っている。
公共のバスがこれで良いのか悪いのか・・。でもこれがタイランド。

さて今日は8月16日。
やっぱりこの日が来るとあの「大文字」の日のことを思い出します。
あの日が無かったら今日まで歌い続けてこれなかっただろうし、
ひと月前の円山音楽堂もなかったと思うのです。

さて明日は恒例のバンコクライブ。
数えてみればカラワンに招かれてタイに歌いに来てからちょうど35年。
70歳の半分のタイとのご縁がありがたいことです。
途中でトイレに行くこともなく、心込めて歌ってきます。
そう昨日は終戦(敗戦)記念日。もう戦争は繰り返してはならないという想いを重ねて。
 

秋からのスケジュールアップしました

 投稿者:勇造オフィス  投稿日:2019年 8月16日(金)00時05分46秒
返信・引用 編集済
  四国、中国地方への台風の被害を心配しています。
まだ先のことですが、秋からのスケジュールアップしました。
10月には今年も<東日本ファン支援ライブプロジェクト「さあ、もういっぺん」>で釜石、陸前高でライブです。
プロジェクトへの協力、ありがとうございます。
そして世話人のさくらさん、今回もお世話になります。

 

新聞記事とバンコクライブ

 投稿者:勇造オフィス  投稿日:2019年 8月11日(日)01時43分55秒
返信・引用 編集済
  村瀬さん、中日新聞の記事ありがとうございます。

これと同じものが東京新聞にも載ったそうです。
7月6日に円山音楽堂へ来ていた中日新聞の記者の方が、
得三ライブの時にインタビューしてくれたものです。
こんな風に書いてくれて嬉しいことです。

以下は今年のバンコクライブの案内です。
もしタイや、タイの近くの国に知り合いのいる方はその人たちにお知らせください。

さて今年も恒例のバンコクが近づいて来ましたのでご連絡します。
詳細は次のとうりです。

<豊田勇造70歳記念ライブ・インバンコク>

日・時 8月17日(土) 5:00pm 開場 6:00pm 開演
ゲスト キータンチャリ―、カイトゥン
チャージ 500バーツ 別途飲食必要
会場タイ・バンコク  サバイチャイ・オールデイズ

バンコク エカマイ通りエカマイソイ1南側
ヘルスランド向い西側バス停前
BTSエカマイ駅下車 エカマイ通りを北へ1キロ

(元サバイチャイ・ガイヤーン、ソイ1を挟んで2軒ありましたが北側の店は移転しました。バス停すぐの南側の店が会場です。東北タイ料理店で、飲食できます)

カラワン(バンド)に招かれてタイとご縁が出来て30年、そして今年でなんと70歳になります。今年もバンコクライブへぜひおいで下さい。

NEWアルバム「夢を見て・旅に住む」も会場で発売します。

豊田勇造音楽事務所
http://www.toyodayuzo.net/

 

7月30日付 中日新聞に載っていました

 投稿者:ムラセ  投稿日:2019年 8月 6日(火)23時26分19秒
返信・引用
  70才記念 コンサートから 早一ヶ月。
楽しかった日の記憶が 未だ「思い出」になりきらぬ 7月30日、
朝刊をひろげた 連れ合いが「わあ、勇造さんだ!」と 叫ぶので、
「何、どれが?」と覗いてみたら  写真と一緒に  コンサートの記事が!!
嬉しくなって、写真に納め 皆様に ご報告です(^_^)

タブレットのアップデートが上手くできず、Facebookも部分的にしか
見られない為  四苦八苦?   アップが遅くて 済みませんm(_ _)m
 

前半戦、楽しかったです♪

 投稿者:明今子メール  投稿日:2019年 7月29日(月)00時00分8秒
返信・引用
  本日の久留米「正蓮寺」のライブで前半戦終了♪
お疲れ様ですぅ~そしてありがとうございました!

70歳記念打ち上げ「拾得」「得三」ライブ♪勇造さんも、勇造バンドも観客も疲れを知らず盛り上がってました!「大きな自由」ではスタンディングしてUNIVERSAL FREEDOM♪楽しかったなぁ~。

それにしても、「得三」の音良かった。特に『花の都/ペシャワール』で勇造さんがギターを叩く時の音、私的には最高に良い響きであると感じた。

そして高木さん、セットリストおおきにです!
高木さんが「幸せです!」と言う表情で、かぶりつき席でダンシングしている姿をみて、こちらもハッピー! みんなハッピーの連鎖で会場は大盛り上がり!やっぱライブはイイですネ♪

通りすがりの大ファンさんへ
私、2009年に勇造さんのライブに行ってなかったらうつになってたかも知れない。
または、「阿修羅のごとく」脚本 向田邦子のテレビドラマの人々のように悶々と日常生活を過ごし、人は殺さなくても、精神的にだれかを傷つけていたかも。
私は勇造さんに出会えて、そしてファンの人たちと繋がって良かったと思います。
 

ありがとう & 明日から九州

 投稿者:勇造  投稿日:2019年 7月24日(水)14時53分3秒
返信・引用 編集済
  京都と名古屋の「NEW・CD発売記念&円山コンサート打ち上げライブ」、とっても楽しかったです。
バンドのメンバーもようのってました。

高木君、明今子さん、さくらさん、総経理廣川  、春ともマサオさん、
セット・古バージョン  のおのおの方ありがとうです。
高木君、よくセットリストを覚えてますね。何か秘密でもあるのかな。

通りすがりの大ファン さん、「ニールヤングが思うことと同じことを思う」というのは、
特にどのフレーズというのではなしに、ニールの歌やギターを聴いてたら、
ニールもおんなじことを想ったり、感じたり、思ったりしてるんやないかと・・、
ということからのフレーズなんです。

京都の事件を知った時にもまづ心に浮かんだのが、
「もしもギターと出会ってなかったら/人を殺めてたかもしれない」、
「殺そうと思うだけでよかっつたのに」でした。

さて明日からは円山以降2回目の九州ツアー、円山のことなど話しながら旅して来ます。
 

ニールヤングが思うことと同じことを思う

 投稿者:通りすがりの大ファン  投稿日:2019年 7月23日(火)23時23分42秒
返信・引用
  円山でもらった力で毎日を乗り越えています。いやー、よかったですね。
日々、社会のあれこれで気持ちが揺れます。
特に、41歳の人が起こしたとされる凶行に打ちのめされます。ぼくも同い年です。
勇造さんの「ニールヤングが思うことと同じ事を思う/もしもギターと出会ってなかったら/人を殺めてたかもしれないし/きがくるっていたかもしれない」がぐるぐるしています。彼なら何かと出会ってたら違ったのでしょうか。

ところで、これ、ニールヤングのどこのなにの言葉なんですかね?
 

/71