teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)(管理人)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


37組クラス会のお知らせ

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 7月17日(火)17時58分16秒 69.241.151.153.ap.dti.ne.jp
返信・引用
  37組クラス会幹事の奥津さんからクラス会の案内がメールで届きました。

湘南高校37組同級生の皆さん
  クラス幹事の奥津です。“溶けてしまいそうな暑さ”が続きます。
  お元気でしょうか。
  西日本豪雨の甚大な被害の衝撃に心は揺れていますが、
  先にクラス幹事で検討し計画した《クラス会の開催》をご案内します。
  4年ぶりになります。多数の参加を期待しています。

  ○開催日;10月20日(土)
  ○開催内容; ①13:00~ 鎌倉駅西口集合の『ミニ鎌倉散歩=扇が谷周辺』
           ②16:00~ 山下飯店(鎌倉市小町1-5-21)でのクラス会
  ○会費;¥6,000前後の予定
  ○参加の可否は以下のいずれかで返信してください。
        ◇ ①・②ともに出席
        ◇ ①に出席
        ◇ ②に出席
        ◇ ①・②ともに欠席
           なお、「欠席」の場合は、近況など添えてくだされば幸いです。
  ○返信期限;8月25日までに返信くださるようお願いします。

  ※返信先は管理人宛にお尋ねください。
 
 

梅仕事

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 6月12日(火)17時39分45秒 69.241.151.153.ap.dti.ne.jp
返信・引用
  青梅がたくさん手に入ったので、梅雨の合間に夫婦で梅仕事をしました。
大粒の実は梅干用に漬け込み、その他は梅酒と梅ジュースに漬けました。
梅干しはこれから完成するまでいくつかの手間と時間をかける必要がありますが、
久しぶりなのでうまく行くかどうか。

梅酒といえば子供の頃、親の目を盗んで梅酒の瓶から梅の実を盗み食いして
酔っ払ってしまい、見事にバレて叱られたことを思い出します。
今にして思えば、これが「酔っ払い人生」の事始めでした。
 

「一生モノの居酒屋」その後

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 4月16日(月)16時34分6秒 34.230.151.153.ap.dti.ne.jp
返信・引用
   昨年6月に投稿した「一生モノの居酒屋」が先日閉店してしまいました。
 人生の半分以上の歳月、折りにつけ通ってきた店ですから、私の喪失感は半端ではありません。

 閉店前に友人と名残を惜しみに行ってきましたが、平日の午後3時前なのに店内は半分以上埋まっており、客はリタイア高齢者だけでなく、スーツ姿のサラリーマングループや女性客も何組か見かけました。
 閉店日はまだ数日先でしたが、女性客が中居さんに花束を渡し、双方が涙ぐんでいる姿や、スマホで店内を動画撮影しているダンディな老人など、客の店に対する深い思い入れが伝わってくる光景でした。
 我々も40年近く馴染んだお約束のアテを何品か注文し、程よく飲み食いして中居さんと店に感謝とお別れを告げてきました。

 その後何軒か他店をはしごし、帰り際にもう一度店の前を通ってみると、店内は満席で喧騒の中にも寂しさが漂い、外では空きを待つ人だかりが出来ていました。

 今は、故郷を追われて難民になったような気分がしています。
 

大寒

 投稿者:管理人  投稿日:2018年 1月27日(土)14時03分53秒 34.230.151.153.ap.dti.ne.jp
返信・引用
  南岸低気圧とやらの置き土産の雪が、まだ日陰には消え残っています。
記録的な低温がニュースになっていますが、寒くはあっても冬晴れの日が続くと、
湘南地方で暮らせるありがたさを感じます。
一足早い紅梅を追いかけて、やっと白梅が咲き始めました。
 

2017師走

 投稿者:管理人  投稿日:2017年12月12日(火)17時14分58秒 34.230.151.153.ap.dti.ne.jp
返信・引用 編集済
  リタイアして以来、ここ数年は比較的静かな師走を過ごすことが通例となっていましたが、今年は様変わりして気忙しい年末年始となっています。
自治会の役員をいくつか引き受けたために、自治会のイベントや各種協会の会合などでスケジュールが埋まり、まとまった自分の時間が確保しづらくなっています。
暇すぎるのは考え物ですが、適度に公私のバランスを保ちたいものです。

先日は中学校の地区懇談会があり授業参観もしてきました。
私の中学時代とは異なり、少人数のクラスで先生と生徒が和気あいあいと楽しそうに授業をしていました。
11月から始まった給食も、比較的生徒の評判が良いようで、うらやましい限りです。

それでは皆様、良い年をお迎えください。

※写真は先月撮った甲斐駒岳(北杜市)と蝶ヶ岳(安曇野市)です。

http://

 

再会

 投稿者:管理人  投稿日:2017年11月10日(金)18時00分11秒 34.230.151.153.ap.dti.ne.jp
返信・引用
 

先日、東京国立博物館の特別展「運慶」を見てきました。

たくさんの運慶とその一門の仏像が展示されている中で、懐かしい像と再会しました。

美術の教科書でおなじみの、国宝「龍燈鬼」です。

中学2年生の秋(1964)に「オリンピック東京大会日本古美術展」が同博物館で開催され、友人を誘って見に行きました。

仏像の良し悪しは、まだ中学生には解りませんでしたが、「龍燈鬼」の実物を目の当たりにして、そのユーモラスな表情に感動しました。

あれから半世紀あまり経ち、当時の中学生は老年を迎えましたが、「龍燈鬼」の方は当時と変わらぬ姿で宝燈を戴いておりました。

時代を超えて引き継がれる芸術作品の力と、それを生み出す人の凄さを改めて実感しました

 

長月

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 9月24日(日)16時36分42秒 34.230.151.153.ap.dti.ne.jp
返信・引用 編集済
  8月後半から続いた町内の祭礼諸作業が終了し、一息ついています。
昨年までは子供神輿の世話役として外側から祭りを手伝っていましたが、今年からは祭礼役員として主催者側の立場で手伝うことになりました。(自治会役員は自動的に祭礼役員に組み込まれる)
先輩役員方が様々な準備をテキパキこなして行くのを見て圧倒され、とても覚えきれそうにない諸手順に自信喪失気味になりました。
企業活動で身についた業務とは少し異なる価値観の祭礼システムに、戸惑いつつもなんとかついて行けました。
これから年末までは多少暇になるので、展覧会や落語、友人との居酒屋めぐりなどを楽しみたいと考えています。
 

夏山の記憶

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 7月 9日(日)03時39分57秒 250.212.151.153.ap.dti.ne.jp
返信・引用
   昭和40年代のアルバムを見ていると、よくあんな荷物を背負って山に登れたものだと感心します。
1年生当時所属した山岳部では、テント泊縦走(7日)の場合30Kg以上は普通で、女子でも20Kg以上を担いでいました。
今では装備や食料の軽量化が進み、ソロのテント泊縦走でも20kg以内に収まるでしょう。
 残念ながら今の私の体力では、いくら装備が進化してもあの高みに立つことは望めませんが、地形図を眺めて、記憶に残る岩稜や這松の乾いた匂いを思い出しています。
 ※写真は昭和44年8月の南アルプス仙塩尾根と蝙蝠岳、10日間の縦走で荷物はスタート時50Kg位
 

一生モノの居酒屋

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 6月 7日(水)13時16分30秒 250.212.151.153.ap.dti.ne.jp
返信・引用
   大げさなタイトルですが、早い話、私が40年近く通って飽きの来ない居酒屋のことです。
何の変哲もない店ですが、私のサラリーマン人生の支えとなってくれました。
残業帰りの解放感や、直帰の連絡を入れて明るいうちから飲み始める優越感などは、リタイアした今となっては懐かしい思い出です。
先日友人と久しぶりにこの店で待ち合わせましたが、駅名を言えば店が決まる30年来の飲み友達で、どちらも私にとっては「一生モノ」です。

20代から30代にかけて私の職場は六本木にありました。
当時から六本木は外人の多いおしゃれな街でしたが、私のようなサラリーマンが仕事帰りに一杯やるには、なにか居心地の悪さがありました。
仕方がないので新橋や神田へ寄り道し、たどり着いたのがこの店です。
煙草のけむりと会話が渦まき、割烹着のお姉さん達が注文をさばく、中年サラリーマンの天国のような店で、若僧の私はカウンターの隅で小さくなって飲んでいました。

時が経ち会社や勤務地は変遷しても、機会があれば通ううちに、店の暗黙のルールやリズムが身に付き、顔見知りの常連客を優遇するような店ではありませんが、大変居心地が良くなりました。
今では東京で飲み歩くこともほとんど無くなりましたが、その店には各時代の自分の姿と見聞きした人生模様が染みついています。
あるとき、会計を済ませたご高齢の男性たちが、人目もはばからず抱き合って泣き始めました。たぶん「今生の別れ」を意識してなのでしょう。
私は「彼らに幸いあれ」と、そっとグラスを挙げました。

極めて私的な価値観ですが、常にそこに存在する「一生モノの居酒屋」に出会えたことに感謝しています。
 

新米町内会長

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 4月 5日(水)16時46分27秒 146.226.151.153.ap.dti.ne.jp
返信・引用
  桜が見頃を迎え、なぜか4月から町内会長を引き受けるはめになりました。
昨年から固辞してきたのですが、前任の町内会長や
自治会長まで乗り出されては断りきれません。
周りは皆年上の先輩ばかりで、私は雑用係からやり直しです。
引継ぎを終えたと思ったら、さっそく回覧の配布依頼や訃報が飛び込み、
今夜はこれから通夜に出かけます。
サラリーマン時代よりも仕事が多岐に渡り、ボケている暇も無さそうです。
私は人生の終盤をボランティア活動で締めくくるのでしょうか。
 

レンタル掲示板
/3