teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→


新着順:10/3163 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

映画の画面の話

 投稿者:Dr.えすえふ  投稿日:2018年10月31日(水)01時04分59秒
  通報 編集済
  ○サイケおやじ様、奇厳丈さま、74式さま、皆様
今晩は!

☆奇厳丈さま
>だいたい、今の1920ドットという数字が、そもそもからして「フィルム粒子が見える」から決められてるんで

それって、デマですよ!
フィルムっていうのは、大体においてデジタルより解像度が高いです。
35mmフィルムですらフルHD(1920 x 1080)より解像度が高くて、70mmになってしまうと6K~8Kくらいあるそうです。
さらにはアナログIMAXだと32K以上だそうです。
そのため、少しでもフィルムの画質に迫るために、新たに4Kとかが出てきた訳で...
デジタルの解像度はアナログより劣るので、最近あえてフィルムで撮影する映画が多少出てきています。
EP7以降のSWは、CGのシーン以外は全てフィルムで撮影されていて、EP8は全編アナログIMAX撮影だそうです。

ただし、普通の家の居間に置くとなると、画面の大きさから4Kくらいが上限ではないかと...
8Kの価値がある大きさのテレビは、普通の家には大きすぎるんじゃないですか?

あと、縦横比の話ですが
>2001年ではプールのジョギングシーンは、BDディスクでもパンしてたように思うなあ。

BDだとそうでしょうね!
2001年はスーパーシネラマという規格で制作された映画で、35mmカメラ3台使う本来のシネラマに縦横比を合わせるために、偏向レンズで横方向だけ圧縮して70mmフィルムに焼き付けて、上映時は横方向だけ拡大するというものです。
縦横比は1:2.59(≒9:23.3)で、70mm規格の映画館ですら、横方向3割くらいトリミングして上映という代物です。
だから70mm用のスクリーンですらジョギングのシーンは横にパンしています。
まして、IMAXなんて言ったら...横方向は半分近くトリミングされてしまっていたわけですね...(ひどかった~)
2001年はIMAXで見る映画じゃないと確信しました!
スーパーシネラマの映画をノートリミングで上映できる映画館は日本では少なく、かつて存在したテアトル東京ぐらいだったんじゃないでしょうか?
私は、どうしても2001年はノートリミングで見たかったので、最初の鑑賞時はテアトル東京にしました。
忘れられない思い出です。

ワイド画面も上には上があり、MGM Camera 65という規格では1:2.76だそうです。
なお、MGM Camera 65は映画自体がさすがに少なく、有名どころでは「ベン・ハー」がそうだとか...
(日本に、この規格の映画館はあったんでしょうかね?)

では...
 
 
》記事一覧表示

新着順:10/3163 《前のページ | 次のページ》
/3163