投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


であい共生舎・ワークショップ虹

 投稿者:けい子メール  投稿日:2018年 5月20日(日)23時57分33秒
返信・引用 編集済
  ・会場に居られた村田拓さん(大阪新森小路教会の牧師さんで関西におけるフォーク運動の先駆けともなったフォークキャンプの実行委員長だった人)が「道しるべ」の歌に合わせコツコツとご自身の杖でテーブルをリズミカルに叩きシュプレヒコール!写真には杖しか見えないけど・・。
そして、滋賀県から5月3日の憲法記念日にいつも九つの鐘を鳴らしている田中さんが何と会場に居られて、皆で九つの鐘を鳴らした!田中さんは帰りに九つの鐘の小さなビラを配られていた。何かこのお二人に勇気もらったなぁ~。

・新潟の事件があったから、久しぶりに歌いたくなったと「殺そうと思うだけでよかったのに」
「サラ金ブルーズ」もそうですが、勇造さんの物の見方の角度を感じる。

・ワークショップ虹の利用者さんによる「それで十分」今年も熱かった! 『このように皆で演奏しようね』っていうのがなくみんな自由にやりたいようにやっていた♪それが素晴らしい!また主催者側が勇造Tシャツを今年もさおり織でオリジナル化されていました。遊び心がいいですね。
さすが枚方!市民力、勇造さんとの歴史を感じたライブだった♪

 

雨が降ってる~♪

 投稿者:さくらメール  投稿日:2018年 5月18日(金)22時38分15秒
返信・引用
  よく降ってきました。
マンゴーシャワーラブレターを思っています。

ギャラリーヒルゲートでの田中直子さんの絵との企画
《豊田勇造「樹」を歌う》に行ってきました。
「樹」というテーマを挟んで、絵と歌に込められた思いは同じ。
力強い田中直子さんの絵に囲まれた、勇造さんのいろんな樹に出会い
「呼吸」したようなライブになりました。

少しレポを書いてます。
今回はイントロに、私の樹からご入店ください。(笑)

https://yamasaku.exblog.jp/

 

ツアーの合間の・・・

 投稿者:勇造  投稿日:2018年 5月17日(木)22時21分51秒
返信・引用 編集済
  ライブ続きでもう5月半ば。今日と明日は休みなので、ちょっとゆっくりしてます。
日差しも強くなって来たので、そろそろ本の虫干しと服の入れ替えをせな。
ギターの手入れもゆっくりと。手持ちのギターは10本までにしてます。
月末には今年のライブ用のギターの絃が、高松の「HITS」から70セット届くので、その整理も。
ツアーの合間のミュージシャンの暮らしも、また楽しいものです。
そうそう、6月には新しいDVD「陸前高田・ジョニーライブ」も出ますぞ!
 

南風楽天のマキノさん 国民年金支給開始おめでとうございます

 投稿者:けい子メール  投稿日:2018年 5月14日(月)00時26分51秒
返信・引用 編集済
  5月12日(土)高槻南風楽天のライブに行ってきました。
<印象的だったこと>

・ラッキーなことに、帰国ツアー中の田中研二さんが客席に居られて、「すすき川の流れるところ」・カントリー風にアレンジされた「大文字」を歌ってくれました。研二さんが皆に、いっしょにやりましょう~♪と言われたけどリズムいつもと違うの~~でも新鮮でした。
勇造さんの小林旭「熱き心に」も初めて聴いた。勇造さん風にアレンジされていて、これまた新鮮だった。研二さんも勇造さんも自分の歌にしてしまうところが凄い。さすがミュージシャン!

・勇造さんの「泣きたいほどの嬉しさだ」 これは、勇造さんの歌を聴いて育った、この
日のゲスト森田大地さんが登場する歌だった。(知らなかった・・)
大地さんはこの日、研二さんのお連れ合いを意識してか、キャロル・キングの You've Got
a  Friend 君の友達を演奏。憎いね大地(笑)♪

・この日、勇造さんの歌の中で一番感じた歌。「ホセが植えた木に雨が降ってる」
雨はどこから降る 雨は雲から降る
いや土から木から降る ホセが植えた木に雨が降ってる
雨はどこから降る 土から木から降る
人の手からも降る ホセが植えた木に雨が降ってる

・豊田勇造DVD『再会 ライブ・イン陸前高田ジョニー2010』
2011年津波で流されたジョニー。 見るの辛い面もあるけどチラシに書かれていたよ
うに菅野有恒さんへの追悼と感謝の気持ち、ジョニー再建支援に充てられるなら、東日本大
震災を忘れないためにも・・しっかり見よう。
 

憲法記念日の「ジョイント」

 投稿者:かせたに  投稿日:2018年 5月 3日(木)23時14分39秒
返信・引用
   こんばんは。

 5月3日は「憲法記念日」。

 年に一回、勇造さんと私の名前が、新聞全面広告に載ります。

 この「ジョイント」が、5月の楽しみのひとつです。

https://kaseyan.exblog.jp/29472466/

 

誰かの呼ぶ声がする

 投稿者:♪春ともマサオメール  投稿日:2018年 5月 3日(木)20時05分33秒
返信・引用
  そろそろ靴をはいて立ち上がろうか
騒いでくれる人に感謝を伝えに行くために

https://www.facebook.com/masao.harutomo

 

振り返るには早すぎる♪

 投稿者:高木 宏明  投稿日:2018年 5月 3日(木)11時41分3秒
返信・引用 編集済
  4月30日、「山山堂」のライブに参加しました。

そう、一年前の4月、長年勇造さんを聴かせてもらってきた
「カルヴァドス」がなくなり寂しく思っていたところ、新しい拠点で2回目のライブ。

今回もいつもの顔、あの笑い声。その中に初めての方もちらほら。
いいライブでした。^^

レコーダーをカバンの中に入れたつもりが・・・、
入ってなかった(実はちゃんと入ってたんですが、探し出せなかった(爆))ため、
正確なセットリストをお見せできず申し訳ありません。

以下、ビールで洗浄した頭が記憶している限りの雑なセットリスト(?)を書いておきますね。

ただ、1曲目とアンコールの3曲は曲順も鮮明に覚えています。


雑なセットリスト
一部
1.振り返るには早すぎる

・高野グランドマンションのブルーズ
・ある朝高野の交差点近くを兎が飛んだ
・長崎帰り
・ホックモンクルング

「高野グランドマンションのブルーズ」辺りから、
早くも踊り出す方々を目にし、華麗なるダンサー春友さんの姿がオーバーラップしました。
お春ちゃ~ん、お元気ー?

勇造さん、「5月の歌を4月に歌います」と言い、「コーヒーブルーズ」を。
「コーヒーブルーズ」・・・一部だったか、二部だったか覚えていません。
「コーヒーブルーズ」を聴きながら、やや、メートル、ちゃう、センチになってしまった僕。
高田渡さんが亡くなったのは確か4月。そして、若輩者の僕、渡さんが亡くなった時の年齢を超えてしまったなあ・・・。

「青函連絡船」も歌いましたが、一部だったか二部だったか覚えていません。
この歌も大好きな歌の一つです。

二部
新曲のオンパレード
・改心
・黒川旅館
・瀬長亀次郎
・ヤンゴンの街に今日も雨が降る

勇造さん、「しっかり聴かないとオチがわかりません」と「改心」を。
しっかり聴いたつもりが、オチがわからなかったところ、
連れ合い「わたし、わかったわ」。強い嫉妬を覚えました(笑)。

アンコール
1.高山病ブルーズ
2.大文字
3.住所録

「大文字」・・・いつもながらの大合唱で、大文字が終わった後、
僕の後ろにいた女性が「お兄さん、騒ぎすぎてゴメン!」と
えびせんべいを差し出したので、「騒いでくれてアリガトウ!」と
遠慮なくえびせんべいを頂き、ビールのつまみにする。

いいライブでした。

今回、OAを務めた坂上太一さん。
6月いっぱいで退職して音楽に専念するとのこと。
勇造さんがボブ・ディランにそうされたように、
勇造さんが、また、一人の若者の人生を真っ直ぐに曲げてしまった(笑)。

1曲目の「振り返るには早すぎる」を耳にした瞬間、
大きなイベント7・7が近づいていることを感じさせ、
ラスト「住所録」がその感じを確かなものにしてくれました。
 

今年もツアーの始まり

 投稿者:勇造  投稿日:2018年 4月 5日(木)14時07分42秒
返信・引用 編集済
  あさってからは西へのツアー、まずは倉敷、そして博多、基山、2日おいて信州ツアー。
今年も本格的に歌の旅が始まります。
今回は新曲(「瀬長亀治郎」など)沢山、もちろん「大文字」も歌います。
こんな時代だからこそいたい歌、聞いてほしい歌があります。それも楽しく。
まずはサトナカさん、倉敷ライブよろしくです!
 

こんばんわ!

 投稿者:サトナカ リョウタ  投稿日:2018年 4月 4日(水)02時21分35秒
返信・引用
  初投稿です

4/7のあらた屋でのライブが迫って来ましたが
ベストな状態で当日を迎えれるように
色んな方に協力してもらい、ほぼ準備が整いました

倉敷でのライブ、歌、勇造さんに会ってお話出来るのを皆で楽しみにしています!

4月7日(土)2018.04.07 Saturday
倉敷市 Tシャツ工房あらた・ロフトギャラリー

6:00pm 開場 6:30pm 開演
TEL 086-434-8305
倉敷市本町4-8(倉敷美観地区)
予約3000円(1ドリンク付)
当日3000円(ドリンク別)
<血を越えて愛し合えたら>
 

豊田勇造ライヴ at . 八文字屋

 投稿者:ももえだ あきひこ  投稿日:2018年 3月29日(木)18時49分52秒
返信・引用 編集済
  京都 四条木屋町上ル 岡本ビル3階
 ヤポネシアンバー『八文字屋』(はちもんじや)にて

 4月1日 日曜日  夜7時 開場 7時半 開演

 ライヴチャージ 2500円+ドリンクオーダー(500円~)

  オープニングアクト “ カオリンズ ”


   春の京都  勇造の歌を聴きながら

    「夜」を参りましょう .

   「この国の今」に焦りに似た気持ちを抱きつつも

   歌を愛し日々の暮らしを生きている人々の御来場を
       心よりお待ち申し上げております .


       主催 ももえだ あきひこ
            (百枝 明彦)

           (問い合わせ先) 電話 080-6148-1239(百枝)

 追記) 「八文字屋」は 火事で焼けた出町『ほんやら洞』の甲斐さんが80年代からやられているお店です。
詳しい場所(地図)は 「ほんやら洞(八文字屋)」ホームページに在ります。

オープニングアクトのカオリンズ、御存知ではない方も多かりましょうが、
YouTubeを御覧出来る方は検索して頂くと いくつものライヴ映像が上がっています。
私が一番好きなのは、ホン=ヨンウンさんのカヴァーをされている「おいらトラックの運転手だったんだ」@八文字屋他 なんですが、オリジナルも良いです。
どんな歌い手なんだろうと思われた方は(当日の楽しみにしとくわ、という方はそれはそれでよいのですが)、御覧になってみて下さい。
 

/42