teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)(管理人)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


夏山の記憶

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 7月 9日(日)03時39分57秒 250.212.151.153.ap.dti.ne.jp
返信・引用
   昭和40年代のアルバムを見ていると、よくあんな荷物を背負って山に登れたものだと感心します。
1年生当時所属した山岳部では、テント泊縦走(7日)の場合30Kg以上は普通で、女子でも20Kg以上を担いでいました。
今では装備や食料の軽量化が進み、ソロのテント泊縦走でも20kg以内に収まるでしょう。
 残念ながら今の私の体力では、いくら装備が進化してもあの高みに立つことは望めませんが、地形図を眺めて、記憶に残る岩稜や這松の乾いた匂いを思い出しています。
 ※写真は昭和44年8月の南アルプス仙塩尾根と蝙蝠岳、10日間の縦走で荷物はスタート時50Kg位
 
 

一生モノの居酒屋

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 6月 7日(水)13時16分30秒 250.212.151.153.ap.dti.ne.jp
返信・引用
   大げさなタイトルですが、早い話、私が40年近く通って飽きの来ない居酒屋のことです。
何の変哲もない店ですが、私のサラリーマン人生の支えとなってくれました。
残業帰りの解放感や、直帰の連絡を入れて明るいうちから飲み始める優越感などは、リタイアした今となっては懐かしい思い出です。
先日友人と久しぶりにこの店で待ち合わせましたが、駅名を言えば店が決まる30年来の飲み友達で、どちらも私にとっては「一生モノ」です。

20代から30代にかけて私の職場は六本木にありました。
当時から六本木は外人の多いおしゃれな街でしたが、私のようなサラリーマンが仕事帰りに一杯やるには、なにか居心地の悪さがありました。
仕方がないので新橋や神田へ寄り道し、たどり着いたのがこの店です。
煙草のけむりと会話が渦まき、割烹着のお姉さん達が注文をさばく、中年サラリーマンの天国のような店で、若僧の私はカウンターの隅で小さくなって飲んでいました。

時が経ち会社や勤務地は変遷しても、機会があれば通ううちに、店の暗黙のルールやリズムが身に付き、顔見知りの常連客を優遇するような店ではありませんが、大変居心地が良くなりました。
今では東京で飲み歩くこともほとんど無くなりましたが、その店には各時代の自分の姿と見聞きした人生模様が染みついています。
あるとき、会計を済ませたご高齢の男性たちが、人目もはばからず抱き合って泣き始めました。たぶん「今生の別れ」を意識してなのでしょう。
私は「彼らに幸いあれ」と、そっとグラスを挙げました。

極めて私的な価値観ですが、常にそこに存在する「一生モノの居酒屋」に出会えたことに感謝しています。
 

新米町内会長

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 4月 5日(水)16時46分27秒 146.226.151.153.ap.dti.ne.jp
返信・引用
  桜が見頃を迎え、なぜか4月から町内会長を引き受けるはめになりました。
昨年から固辞してきたのですが、前任の町内会長や
自治会長まで乗り出されては断りきれません。
周りは皆年上の先輩ばかりで、私は雑用係からやり直しです。
引継ぎを終えたと思ったら、さっそく回覧の配布依頼や訃報が飛び込み、
今夜はこれから通夜に出かけます。
サラリーマン時代よりも仕事が多岐に渡り、ボケている暇も無さそうです。
私は人生の終盤をボランティア活動で締めくくるのでしょうか。
 

如月

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 2月12日(日)07時21分35秒 115.190.151.153.ap.dti.ne.jp
返信・引用
  立春を過ぎて春一番を楽しみにしている今日この頃ですが、
思いとは逆に強力な寒波が襲来しています。
県内でも箱根など西部や丹沢周辺は積雪があるようです。

先日上野のトーハクへ「春日大社」特別展を見に行ってきました。
思ったよりも展示内容が多岐にわたり充実していました。
ついでに思い立って北千住を徘徊し、居酒屋をはしごしてきましたが、
こちらも趣がありました。
北千住には父方の祖父の家がありましたが、今では跡形も無く、
近所の寺の煉瓦塀だけが子供のころの記憶と一致しました。
駅を含めて町全体が昔よりも活気があり、私の住む鎌倉とは異なり、
生活に密着した発展を遂げているようでした。
 

睦月

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 1月23日(月)22時32分36秒 131.146.231.153.ap.dti.ne.jp
返信・引用
  正月の喧騒もだいぶ鎮まり、平日は観光客の姿もまばらになって来ました。
今時分から2月にかけての静かな鎌倉が好きで、
日ごろは敬遠している人気寺社へも出かけたりします。
寒気の中で咲く梅の、かすかな香りにこころが安らぎます。



?
 

大晦日

 投稿者:管理人  投稿日:2016年12月31日(土)18時21分11秒 79.190.151.153.ap.dti.ne.jp
返信・引用
  先日の大風で木の葉もすっかり吹き落され、今年の落ち葉掃きも終わりました。
歳末は穏やかな天気に恵まれ、正月の準備も順調に済みました。
個人的には、特段の慶事も無いかわりに異変も無く、平穏な1年であったことを感謝しています。


皆様どうか良い歳をお迎えください。
 

師走&紅葉

 投稿者:村野  投稿日:2016年12月12日(月)15時49分49秒 helios.sojitz.com
返信・引用
  そうですね。師走になると大掃除、年明けに向けて子供たち家族がやってくると言う事で家内が何やらバタバタと準備を始めます。その合間に今年差後の墓参りと年賀状の準備、12月恒例の忙しさです。

先週、北鎌倉の円覚寺の中の龍隠庵の和尚さんに年末の挨拶にお伺いしました。その折に、円覚寺境内の銀杏の黄と紅葉の赤を眺め、帰りに近くの明月院にも足を延ばし、そちらの紅葉を楽しんできました。、
 

師走

 投稿者:管理人  投稿日:2016年12月 6日(火)16時36分54秒 79.190.151.153.ap.dti.ne.jp
返信・引用
  近年は師走の喧騒の外側に身を置くように努めているのですが、
世間との繋がりを絶つわけにもいかず、年賀状の準備などを始めました。
毎年この時期楽しみにしているご近所の紅葉が、今年は鮮やかです。
 

霜月

 投稿者:管理人  投稿日:2016年11月 1日(火)23時02分54秒 89.218.151.153.ap.dti.ne.jp
返信・引用
  年賀状が発売され、日本シリーズも終わって今年もゴールが見えてきました。
近年私にとって11月は、しばらく会えていない友人に声をかけ、旧交を温める月になっています。
12月に入ると現役連中は忘年会などで忙しく、誘いづらい気分が勝ってしまいます。
「林間に酒を煖(あたた)めて紅葉を焼(た)く」といった、ゆく秋の楽しみ方が理想なのですが...
 

Re: ご無沙汰しています

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 9月 2日(金)22時43分9秒 89.218.151.153.ap.dti.ne.jp
返信・引用
  村野さん ご無沙汰しています。
お元気そうで何よりです。

「毎年恒例の行事」の引継ぎですが、あまり心配することは無いと思いますよ。
私も昔は、両親が行くお彼岸の墓参りなどは無視して遊びに出かけたりしていましたが、
自分が供養される側の世界が近づくにつれ、年中行事をまじめに行うようになりました。
たいていの人は、年齢とともに分別や慎み、嗜みといったものに目覚めるのでしょう。
日々の暮らしのアクセントとしての歳時記的行事は、なかなか良いものですよね。

いつまでもお元気で、日本の四季を楽しんでください。
 

レンタル掲示板
/3