teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


伝統と格式

 投稿者:奇厳丈  投稿日:2017年 1月 6日(金)18時28分14秒
  いいですなあ、日本の特殊性。こういう良き伝統は大事にしなくちゃいけませんな。だから私はTPP反対l。

日本は何でも美学にしちゃいますからね。欧米にも罪人を縛る文化はあるが、日本みたいにSM美学にはできない。江戸時代、罪人を縛る時には罪の種類や身分などで縛り方が違っていたそうですが、こんなのも日本だけでしょう。

刺青も世界中にあるが、フルカラーのグラデーション付きという芸術にまで高めたのは日本だけだし。
 
 

日本が特殊

 投稿者:七四式  投稿日:2017年 1月 3日(火)22時44分32秒
  日本は変なものでも一生懸命集める人もいるし、そのための店もありますよね。
少数派でも切腹好き、女のフンドシ好き、という人たちもいるし、雑誌もあるし、
風俗資料館もあるし。

ところが、あの大自由のアメリカの、大都市のニューヨークにもロスにも、
そんな店は全くないのですよ。推理小説マニアとか昔の絵本マニアとか、健全なのは
ありますけどね。ラブクラフトの生地でさえ、彼の本のコーナーがある店は一軒しか
なかったです。つまり、変なもの、メジャーじゃないものは無視されるのが世界の
常識で、日本だけが非常識なのですよ。日本のエロ本屋の数と内容に外人は度肝を
抜かれます。
 

エロ小説

 投稿者:奇厳丈  投稿日:2017年 1月 3日(火)21時34分55秒
  諸外国ではいちいち文字なんかで読んでられっか、ってとこなんでしょうかね。
まあ花と蛇の頃は、まだ上流階級の令嬢なんてな感覚が世の中に残っていた頃だから出来たのかも。
欧州の連中は拷問は好きでもエロはそうでもないみたいだし。
中国の古典なんてのもつまらんし。
やっぱり日本は独特ですかねえ。
 

世界のエロ文化

 投稿者:七四式  投稿日:2017年 1月 3日(火)20時24分8秒
  規制するほどエロは強まると、私も考えていましたが、諸外国のエロを見ると、
「これって国民性(よくわからん言葉ですが)がすごく影響するのじゃないか」と
最近は思っています。

英国:規制なし・・・でもドロドロのエロはなし(戦前は泥エロはあったそうです)
米国:規制なし・・・エロまったくなし
スペイン:規制少しあり・・・ドロドロエロだらけ
インド:規制あり・・・ドロドロ・・(エロにもなれない)
サウジとか:規制あり・・・エロなし
中国(上海あたり):規制あり・・エロほんわか
韓国:規制ほぼなし・・規制があった頃(オリンピック前)からドロエロなし

そこに住んで感じた印象ですが、国によってとても変化があり、これぞ文化の違いと
思いました。日本もかつてのドロドロがほとんど見られなくなりましたね、でも変態は
世界一だけど。
 

表現の自由

 投稿者:江保場狂壱  投稿日:2017年 1月 3日(火)17時59分55秒
   こんばんは江保場狂壱です。

 今は規制が厳しいと言われていますが、正直そんなにガチガチと思えない。
 書店では成年マークなしのエロ漫画が平然と売られております。
 なんというか規制があっても工夫を凝らせばいいだけの話です。
 作者側がめんどくさいから、規制を嫌う感じでしょうか。

 頭を使わないから、ゆるい作品ばかりが乱立するようになった気がしますね。
 もちろんプロでない私が言うのもなんですけど。
 責任のない素人が好き勝手に言っているところです。ではまた。
 

筆力

 投稿者:奇厳丈  投稿日:2017年 1月 2日(月)20時42分44秒
  鬼六氏の場合、特に花と蛇を書いた当時は規制が今よりずっと厳しくて、太腿という単語すらチェックが入った時代だから、それだけに限られた表現で可能な限り工夫を凝らした事が、あのドロドロした怨念みたいな作品になったんじゃないかなあ、と思っております。
今はまあ、それこそ何でもアリですからね。映像はともかく文章については、差別的表現だって「作者の意図を尊重し」で済ませられる。それだけに工夫しようという動機が乏しい。とはいえ、まあエロ小説に限らず、今の世の中、テレビから政治まで中学生並ですけど。
 

謹賀新年

 投稿者:村瀬幸太郎  投稿日:2017年 1月 1日(日)17時42分19秒
  皆様あけましておめでとうございます。新年の村瀬は、心清らかに読書にいそしんでおります。
大崎善生著「赦す人 団鬼六伝」ふ~む。なんというか。鬼六先生実は善人で純粋にまた破天荒に生きた波瀾万丈の生涯でしたという伝記。しかし村瀬の知りたいのは、神崎某だのとは比較にならないあの圧倒的な筆力はどこから来たのかという秘密なのだけれどなあ。深窓の令嬢、貞淑な人妻、清純な女学生そんな死語が生きていた時代が生みだした不世出の天才だったのか。最近の自称SM小説の、中学生並の文章を読むとそう感じます。
 

謹賀新年

 投稿者:サイケおやじ  投稿日:2017年 1月 1日(日)17時27分58秒
  あけまして、おめでとうございます。

旧年中は本当にお世話になりました。

本年は「シンプル」を是非に追及したく思います。

しかし皆様の仰るとおり、様々な面で世相は危なくて不安定!?

さらにエロスの民度は低下傾向であり、だからこそ頑張らねばっ!

また旧作の復刻に関しても、求められているものは未だ膨大ですから、希望は持ち続けましょう♪

願いは叶うと信じる事こそが、安らかな日々の基本かもしれません。

本年も、よろしくお願い申し上げます。
 

今年も平穏に

 投稿者:七四式  投稿日:2017年 1月 1日(日)14時14分54秒
  みなさま、あけましておめでとうございます。
今年は安全で良い年に・・・と考えていたらトルコでサンタクローステロが・・。
国外はこのように危険がいっぱいです。
なんだかんだといっても日本は平和ですな。
 

謹賀新年

 投稿者:江保場狂壱  投稿日:2017年 1月 1日(日)08時20分39秒
   あけましておめでとうございます。江保場狂壱です。

 去年は天災がひどく、今年こそは大丈夫と思いたいですね。
 もっともそういう願いなど消し飛ぶのが世の常ですが。

 ではまた。
 

レンタル掲示板
/292